Do you know why you instinctively fear darkness? Scientists have found the physiological reasons behind it. - abyssglow

なぜ本能的に暗闇を恐れるのか知っていますか?科学者たちはその背後にある生理学的理由を発見しました。

地震の際、人感センサーのLEDライトが希望をもたらします。 読む なぜ本能的に暗闇を恐れるのか知っていますか?科学者たちはその背後にある生理学的理由を発見しました。 1 分 このコーナーには欠かせないモーションセンサー常夜灯が10個必要です。

人間は、特に子供たちに、暗闇に対する本質的な恐怖を持っているようです。では、なぜ人間は暗闇をそれほど恐れるのでしょうか?科学者たちはついにその答えを見つけました。

科学雑誌の報告によると、「PLoS One」に掲載された新しい研究では、明るい環境と暗い環境での異なる脳活動を分析することで、人間が暗闇を恐れる理由が特定されたという。
この研究には23人の参加者が参加し、適度な明るさ(100ルクス)、薄暗さ(10ルクス)、暗闇(1ルクス未満)の環境で30秒間過ごしました。機能的磁気共鳴画像法 (fMRI) を使用して脳活動をスキャンしました。
その結果、適度に明るい環境では扁桃体の活動が「大幅に低下」していることが明らかになった。薄暗い環境では、扁桃体の活動は中程度に低下しました。さらに、ライトが点灯しているときは、扁桃体と腹内側前頭前野の間に「機能的接続」がより強かった。
研究者らは、暗い環境と比べて、明るい環境は、感情を処理し、恐怖反応を制御する脳領域である扁桃体の活動を抑制する可能性があると述べています。
さらに、光の存在は、扁桃体と腹内側の前頭前野との間の接続を強化すると思われる。後者は脳の一部として、恐怖感の制御に関連しています。
本質的に、研究結果は、光が私たちの脳の「恐怖管理センター」の作動を促し、恐怖に関連した否定的な感情を軽減し、否定的な感情の処理を強化することを示唆しています。
したがって、暗闇から身を守るために家にいくつかの明かりを置くことが不可欠です。しかし、ほとんどの人は部屋に必要なシーリングライト、ペンダントライト、ウォールライト、トラックライト、デスクランプしか持っていません。

モーションセンサーの夜間照明が足りないと思います。夜間に必要なときに自動的に点灯するだけでなく、人がいないときは自動的に消灯するため、電気代を節約できます。玄関、クローゼット、キャビネット、廊下などに設置できます。お役に立てれば幸いです。

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。