During an earthquake, Motion Sensor Led Light brings hope.? - abyssglow

地震の際、人感センサーのLEDライトが希望をもたらします。

日本放送協会によると、石川県輪島市で発生した地震による現地時間2日午前9時の時点で8人が死亡した。

地震の後、複数の余震が発生し、状況が悪化する可能性があります。さらなる危害を防ぎ、恐怖を克服し、生存信念を維持し、安定させ、環境を改善し、脱出を試みるために。すぐに逃げられない場合は、次のことを守ってください。

1.呼吸を妨げないようにする

手を破片から解放してみてください。頭、胸、口、鼻の周囲からゴミを取り除きます。倒壊した構造物による粉塵で怪我をしたり窒息したりしないように、近くの大きな瓦礫を脇に移動させてください。ガスやその他の有毒ガスの臭いがする場合は、湿った衣服で口と鼻を覆ってください。可燃性ガスの発火を防ぐために裸火の使用を避け、危険な状態を最小限に抑えるようにしてください。
身体の上の不安定な破片やその他の落下する可能性のある物体から離れてください。余震時の環境悪化を防ぐために、残った壁をレンガや木の棒などで支え、生存空間を拡大し安定させます。

2.出口ルートの検索

明確な逃げ道がない場合は、エネルギーを節約してください。石を使って物体を叩いて音を出し、助けを求める合図をしましょう。エネルギーを大幅に消耗する可能性があるので、叫んだり、焦ったり、無謀な行動をしたりしないでください。救助を待つ間は感情をコントロールするか、目を閉じて休むようにしてください。負傷した場合は、過度の出血を防ぐために傷を手当てしてください。

3.生命の維持

長時間にわたって瓦礫の下敷きになった場合、救助がなかったり、音信不通だったりした場合は、自分の体を維持するように努めてください。水や食料などの緊急物資を確保してください。食べ物や飲み水を探し、必要に応じて、自分の尿を使って生命を維持することを検討してください。
自分自身を励ましましょう:
あなたならこの課題を乗り越えられると信じてください。特定の状況では、精神的な励ましが非常に重要です。自宅に複数のモーションセンサー常夜灯を置くのは素晴らしいアイデアです。これらのライトは、夜間の自動センサーのニーズを満たすだけでなく、非常灯としても機能します。暗闇の中で、光は希望を象徴します。光がある限り、希望はある。

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。